Menu

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEを愛している人たち

日本人の方々に、「パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPE」という時計がどのように評価されているのでしょうか。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEとは

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、スイスの高級時計メーカーであり、1839年に2人のポーランド人アントニ・パテック、そしてフランチシェック・チャペックによって創業されました。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲと並び、世界三大時計と言われています。しかし、三大時計というものの、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマ・ピゲと比較してパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEのほうがランクが上という評価をしている人たちが多いです。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、世界一高価な腕時計を販売するマニュファクチュールとしても評価を得ています。 「グランドコンプリケーション」は、パテック・フィリップの中でも最高峰のモデルです。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEのブランド性

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、どんなに古いものでも、修理することができる「永久修理」を宣言していることも、ブランド価値を高めている一つの理由です。

PATEKPHILIPPEを多くの人たちは、一生物の時計にすることができるから欲しいと思っているのでしょう。PATEKPHILIPPEが高級時計だとしても一生持つことができる時計だとしたら、それは高価過ぎる時計なのでしょうか。いわば、パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、本当の意味でコスパのいい時計なのかもしれません。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEのブランド性とは、ただ高価な時計というイメージだけで作られたものではないということが段々とわかります。パテック・フィリップのブランド性とは、しっかり信頼性に裏付けされたものなのです。

パテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEは、ブランド性を維持するために、古い自社時計を高値で買い戻すことで、中古市場価値を保たせるという戦略をとっています。

ヴィクトリア女王、エリーザベト王妃、アインシュタイン、ヴィルヘルム1世という人物がパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEを愛しているから、それに追随し多くの人たちがパテック・フィリップ・PATEKPHILIPPEを求めているのではないでしょうか。